有効成分について

シルデナフィルとは

シルデナフィル

バイアグラの有効成分に含まれているシルデナフィルとは、勃起不全・肺動脈性肺高血圧症の治療薬とされています。

このシルデナフィル成分を含むED治療薬に関しては、大手製薬会社ファイザー社からバイアグラという名称で製造、肺動脈性高血圧症の治療薬としては、レバチオという名称で製造されています。

また、これらの正規品に関しては、すでに特許期間が終了しているため、後発医薬品も多く存在しています。

男性には夢のような勃起不全治療薬として1990年代~2000年代に世界的に広まったバイアグラですが、副作用や偽物の製造など、いろんな問題などもありました。

基本的に、国内で入手するには医師の処方箋が必要となっています。

シルデナフィルの開発史

開発史

シルデナフィルは、1990年代前半から狭心症の治療薬として研究・開発が進んでいました。

では、元々狭心症の為に開発が進んでいたシルデナフィルがなぜED治療薬となったのか?

・・・これに関してですが

開発の段階で狭心症に対する効果は捗々しいものではなく試験の中止を決めたのですが、被験者が試験薬を返却するのを渋り、その経緯を聞いてみたところ僅かながらに勃起を促進する作用が認めらたため、後にこれを適応症として販売されることとなったのです。

このページの先頭へ